【有料職業紹介事業許可番号:27-ユ‐302732】
【登録支援機関登録番号  :19登‐000885】
【労働者派遣事業許可番号 :派27-304326】

ご相談は無料!お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 03-5637-0020

9:00~18:00(月〜金)

人事登记表・Entri pendaftaran personil・Nhập cảnh đăng ký nhân sự

【有料職業紹介事業許可番号:27-ユ‐302732】
【登録支援機関登録番号  :19登‐000885】
【労働者派遣事業許可番号 :派27-304326】

外国人技能実習制度

About TITP

外国人技能実習制度について

次世代を担う東南アジアなどの発展途上国の若者が、日本の企業で働きながら修得してもらい、帰国後母国の経済発展に役立てるという制度です。

「聞いたことはあるけど、そもそも制度の概要や全般などが分からない」という方のために、その意義や基本的な仕組み、制度を導入するメリットなどについてご説明いたします。

技能実習生の技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的として、 企業は監理団体を通じて技能実習生を受け入れることができます。

外国人技能実習制度の構図

受入れ対象国

海外から技能実習生を受入れできる対象国は、中国、インドネシア、ベトナム、フィリピン、タイ、ペルー、ラオス、スリランカ、インド、ミャンマー、モンゴル、ウズベキスタン、カンボジア、ネパール、バングラディッシュの15ヶ国です。

技能実習生を受入れるメリットとは!?

職場環境の活性化

実習生の受け入れは、職場の従業員に良い刺激を与え、指導を通じた相乗効果により、作業工程の改善や生産性の向上が期待できます。

高いモチベーションをもった優秀な人材

実習生は、日本での経験を母国の発展に役立てたいという高い「志」をもっており、勤勉でキャリアアッ プへの意欲に満ちています。

継続的受け入れ可能

決められた人数の枠内で、継続的に受け入れが可能です。初めて日本で働く実習生に寄り添った総合的なサポートで、正しい実習を実現します。

CSRとしての国際貢献

実習生の受け入れは、日本政府による国際貢献への寄与につながるとともに、実習生の母国である東南アジア諸国との交流の足がかりともなります。

ASIAの受け入フロー

ASIAは受入側も実習生も安心できるサービスを提供します。

さまざまなトラブル対応

技能実習期間中に、さまざまなトラブルが生じる場合、ASIAが責任をもって対応します。

提携機関の厳選

ASIAが法令遵守を重視し、多数の送り出し機関・監理団体を調査した上、優良と認められた機関だけを提携先としています。

入国前教育のコンサルティング

送り出し機関に対しては、出国前に日本語の語学力や日本の製造業に向けた教育の実施をコンサルティングしています。

受入れの支援

お客様の現地での面接・選考を支援し、入国後の研修・配属をスムーズにします。

実習生の帰国後の就職支援

ASIAは送り出し機関と提携して、実習を終了し帰国する実習生の、母国での就職をサポートしています。

  • 最長5年間、雇用の安定が期待できます!
  • 管理担当者の負担軽減に協力!
  • 技能実習生のスキルアップ!

外国人技能実習生受入れの人数としくみ

外国人技能実習生受入れの
人数としくみ

1年間で受け入れることができる技能実習生の数は下記表の通りです。

従業員数が50名以下の企業では、1年間で3~5人の実習生の受け入れが可能です。

新制度における常勤職員30名の場合のモデルケース

新制度における常勤職員30名の
場合のモデルケース

技能実習生が2年目に「技能実習2号」に移行すると、受入枠が空くため、新たに技能実習生を受け入れることができます。

※優良な実習実施者と認められれば、技能実習3号として、4年目、5年目も働くことが可能です。

1年目

将来の母国を背負って立つ選ばれた若者たちが、日本語及び日本での生活マナー等の講習を経て、現場実習に入ります。

2年目

技能検定基礎級に合格した実習生は引き続きより一層の技能・日本語の向上に努めます。

3年目

仕事にも日本語力にも自信がつき、企業様との人間関係を深めながら、さらに高いレベルを目指します。

4年目

技能検定3級相当に合格し、日本での技能・日本語力の向上目指す実習生は、一時帰国の後、2年の実習延長が可能です。

5年目

技能・日本語力において自他共に認められるオン在存在となります。母国で活躍する依頼を持ち帰国します。

受入れの流れ

技能実習生受入れのスケジュール

国が定める受入れ対象職種

農業関係

漁業関係

建設関係

食品製造関係

繊維・衣服関係

機械金属関係

その他

主務大臣が告示で定める職種・作業

農業関係

漁業関係

建設関係

食品製造関係

繊維・衣服関係

機械金属関係

その他

主務大臣が告示で定める職種・作業

技能実習生に対する管理代行

亜細亜教育・投資株式会社はベトナム、中国、インドネシア等アジア諸国のスタッフが80名ほど在籍しており、長年に渡り技能実習生現場で活躍しております。スタッフのノウハウを活用し、技能実施先に行ってからの管理を代行しております。

例えば、こんな時はASIAへお任せください!

  • 実習生トラブル解決
  • 技能評価試験対応
  • 通訳派遣

技能実習生の受入れをお考えの企業様

技能実習生の受入れを
お考えの企業様

  • 自社で技能実習生を受入れ出来るか知りたい
  • 受入れに係る費用額はいくら必要なのか?
  • 今の監理団体若しくは送り出し機関に不満がある
  • 実習生の日本語全然わからない
  • 実習生受入れ後のトラブルが多発

人材不足に係るお悩み・お困りごとは
『亜細亜教育・投資株式会社』にお任せ下さい!

人材不足に係るお悩み
お困りごとは 『亜細亜教育・投資株式会社』にお任せ下さい!